ロゴ
HOME>Column>吹田市の歯科に行くタイミングとは?歯のトラブルサインを見逃すな

吹田市の歯科に行くタイミングとは?歯のトラブルサインを見逃すな

歯

歯のトラブルが起こっているとわかる自覚症状

虫歯の自覚症状として最もわかりやすいのは「歯の痛み」ですが、実は虫歯というのは痛みを感じたときにはかなり進行した状態です。痛みを感じるということは歯の神経まで虫歯が進行しているということで、根管治療で歯の根っこを残せる場合もありますが、最悪の場合抜歯となることもあります。また、歯茎に関しても注意すべき症状があります。歯磨きをしていて出血するというのはもちろん、歯茎がぶよぶよしている、痛みを感じる、あるいは歯がぐらつくように感じる場合は早急に診てもらう必要があります。歯科は原則予約制となっているところが多いですが、吹田の歯科医院では随時急患を受け付けているところもありますから、異常を感じたらすぐに相談してみましょう。

手元

歯が無くなってしまうと出てくる不便なところ

虫歯で歯を失った場合、放置しておくと様々なトラブルが生じます。まず、歯が無くなったところの隣に生えている歯が傾いてきます。歯というのはお互いより掛り合うようにして支えあっているので、その支えがなくなると傾いてしまうのです。また、噛み合わせの相手となる歯を失ったことで対面の歯にも悪影響が出てきてうまく噛めなくなることもあります。だからといって反対側の歯でばかり噛んでいると、使わない側の歯が虫歯になりやすくなったり、顎に負担がかかって顎関節症を引き起こしてしまったりすることもあるのです。したがって、歯を失ったら部分入れ歯等の処置をしなくてはなりません。吹田の歯科では歯の状態に応じて適切な処置をしていますが、最も大切なのは歯を失う前に虫歯の早期発見・早期治療を心がけることでしょう。